motohironihei01
Yasuyuki Shuto

15歳で東京バレエ団に入団。19歳で主演デビュー。モーリス
ベジャール”ボレロ”、マシュー ボーン “SWAN LAKE” 他、世界的
振付家の作品に数多く主演。2004年に同バレエ団を退団。ベルギー
王立モネ劇場にてシディ ラルビ シェルカウイ振付”アポクリフ”に
出演するなど、国内外問わず活動の場を広げている。
photo_©Kazumi Kurigami

THE STUDIO

2010年12月22日
d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e.jpegd41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_2.jpegd41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_3.jpegd41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_4.jpeg

12月某日

はじめまして。バレエダンサーの首藤康之です。

今日は僕がいつもレッスンをしている自身のスタジオを紹介します。

名前は“THE STUDIO”、芝浦にあります。ここの空気感、質
感は僕が最初にNYでいったダンススタジオに似ていてとても
気にいっています。

都会なのに時間の流れが少しゆっくりで色々な意味で集中できる空
間です。

今の時期の午前中は、窓から光が差し込み暖かくとても気持ちがい
いです。

僕のスタジオでの一日は、まずYBR(ヤムナボディローリン
グ)というNY発のエクササイズ&セラピーからはじまり
ます。プラスティック製のボールを使って、骨を刺激し、スペース
を作っていくことで筋肉に長さができ、呼吸も深くなります。これ
をやることで身体が自然に動きたくなり、バレエのレッスンに入っ
ていきます。ヤムナボールは4種類あり、身体のパーツによって使
い分けていきます。

スタジオで使用するピアノは、アメリカ製のボイストレーニングな
どに使用されていたもので、普通のアップライトのピアノより高さ
が低く、ピアニストとのコミュニケーションがとりやすいのです。

こうしてほぼ?毎日ここでレッスンをして1日がはじまります。

それではまた。

首藤康之

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA